4つの種類を見極める!自分に合った育毛剤の選び方


4つのタイプに分類される

育毛剤は、原因によって大きく4つの種類に分けられます。1つ目は男性ホルモンを抑制するタイプの育毛剤で、頭頂部や前頭部から進行する男性型脱毛症AGAに効果があります。AGAは薄毛家系という遺伝的な要素もあり、体毛や髭が濃い人に適した育毛剤です。2つ目は血行不良による薄毛を改善するタイプの育毛剤です。血行が悪いと髪の成長に必要な栄養分がいきわたらず、薄毛の原因となってしまいます。頭皮が硬い人に起こりやすいタイプの薄毛で、指で頭皮をつかんだときに頭皮が動かない場合は、このタイプの育毛剤が適しています。3つ目は毛母細胞を活性化させるタイプの育毛剤です。髪の成長には毛母細胞の分裂が必要ですが、細胞分裂が不活性化すると髪が育ちません。抜け毛の状態を見て、根元に毛根が付いていなかったり、いびつな形の毛根ならこのタイプの育毛剤がぴったりです。4つ目は皮脂の分泌を抑制するタイプの育毛剤です。過剰な皮脂の分泌は毛穴を詰まらせ、毛の成長を止めてしまいます。頭皮がべたついている人に適した育毛剤です。

安全性や価格帯も考慮する

育毛剤は直接頭皮につけるものなので、安全性についても考慮する必要があります。肌に刺激の強い成分が配合されていないか、確かめるようにしましょう。そして、育毛剤は一定の期間使い続けないと効果が現れないので、無理なく買い続けられる価格帯のものを選ぶことも大事です。良い育毛剤でも、高すぎて買い続けられないのでは意味がありません。

育毛剤の女性向け製品を探すには、口コミを頼ると効果のある製品を見つけることが出来るのでおすすめします。