肩の痛みは万病のもと?肩こりの原因を把握して正しく対処しよう!


肩こりの症状と体への影響

肩こりは肩の血流が悪くなり、筋肉がこわばった状態を指します。外見に異常は見られませんが、安静にしても締め付けられるような痛みを感じるのが特徴です。痛みが酷くなると腕を上げることが出来なくなったり、頭痛を併発することもあります。体を動かすことを億劫に感じてしまい、生活にも大きな支障をもたらすおそれがあるのが厄介な点です。肩こりは中高年層の人に多く見られる不具合ですが、肩に過剰な負担をかけたり血流が悪くなると年齢に関係無く誰でも発症する可能性があります。また、運動不足も肩こりの原因の一つなので、子供が肩こりに見舞われるケースも少なくありません。肩こりは慢性化しやすいので、早期に適切な対処を施す必要があります。

肩こりを解消するための方法と注意点

肩こりを治すためには筋肉のこわばりを解消して血流を改善させることが大切です。最も手軽に実行出来る改善策として肩もみをはじめとするマッサージが知られていますが、方法を誤ると却って筋肉を傷めてしまいます。素人療法では効果的にほぐすのは困難なので、プロのマッサージ師に依頼するのが無難です。また、病院での薬物投与は肩こりによる痛みを緩和する効果があります。筋肉を弛緩させることで痛みを抑えることが出来ますが、一時的な対処療法なので肩こりを治すためには根本的な対処を講じることを心がけます。肩こりは肩の筋肉を強くすることで発症を防ぐことが出来ることから、過剰にならない程度の負担をかけて筋肉繊維を発達させるのが効果的です。

肩こりは肩の筋肉が緊張している時に起こりますが、肩こり 注射をすればその緊張がほぐれて痛みがとれます。