傷跡が残らない豊胸手術の方法を提案してくれます


脂肪注入法やヒアルロン酸注入法の豊胸手術が人気です

小さいバストで悩んでいる人や、出産や授乳を経験してバストが下垂してしまったら、美容外科のクリニックで豊胸手術がお勧めです。なるべくダウンタイムが少なく、傷跡が残らない方法を希望している場合は、脂肪注入法やヒアルロン酸注入法を提案してくれます。脂肪注入法は体の部位から脂肪を取り出し、注射器でバストに注入をする方法です。自分の脂肪を使用するため、アレルギーを起こす心配がなく、手触りが柔らかく自然な仕上がりが特徴です。

脂肪注入法の豊胸手術はバストに定着しやすいです

脂肪注入法の豊胸手術は、1カップ程度バストをアップさせたい人に人気があります。注射器を使って少しずつ脂肪を注入するため、傷跡も残らず施術後は定期的に通院をします。脂肪注入法はバストに定着しやすいですが、年数を経過すると少しずつ吸収されるので、定期的な施術を受ける必要があります。仕事や育児、介護などが忙しく、シリコンバッグを挿入する方法に抵抗を感じている人にぴったりです。シリコンバッグを挿入する方法は、2カップ程度大きくすることが出来ますが、ダウンタイムが長いなどのデメリットもあります。

痩せ型の場合はヒアルロン酸注入法がお勧めです

痩せ型の体型の人は、お腹や太ももなどに脂肪が付いていないため、脂肪注入法よりもヒアルロン酸注入法のほうがお勧めです。ヒアルロン酸は優れた保水効果があり、人体に含まれている成分なので安全性が高いのが特徴です。美容外科のクリニックでは、注射器を使って少しずつ注入をしてくれるので、とても自然な仕上がりです。施術後の腫れや内出血も少ない豊胸手術なので、幅広い年代に人気があります。他人に気付かれずにバストアップしたい人にお勧めの方法です。

豊胸手術は、シリコンバッグ挿入法やヒアルロン酸注入法などが主流となっており、ほとんどのケースで日帰りで手術を終えることができます。