インプラントの知っておきたいメリット・デメリット


インプラントは残っている歯への負担がない

歯を失ったときに行われる治療法には、部分入れ歯や総入れ歯、ブリッジなどの方法があります。これらの方法では、残っている歯を利用して固定するため、正常な歯にかかる負担が大きいです。しかしインプラントの場合にはあごの骨にしっかりと結合させることで、残っている歯に負担をかけずにすみます。そのため歯のぐらつきなどがないため強く噛めるだけでなく、左右バランスよく噛めるので食事を美味しく味わうことが可能です。また取り外す煩わしさがなかったり、審美性に優れている特徴があります。このようにインプラントは、機能性も見た目も重視したい人に向いています。

インプラントをする前に知っておきたいこと

インプラントは様々なメリットがありますが、当然デメリットも存在します。そのため治療を受けようと思った場合には、しっかりとデメリットを把握したうえで決めることが大事です。まず一番大きなことが外科手術が必要となるため、患者の肉体的及び精神的な負担が大きいことです。90%以上の高い水準で成功する治療ですが、100%成功するわけではないのでその点も把握しておかなければいけません。治療期間が長く、自費診療になるため治療費が高くなります。また治療後のメンテナンスを継続しなければ、長期間使えないため十分なメンテナンスを行うことが大切です。このように様々なデメリットがあるので、治療を受ける際にはよく考えて行うことが大切になります。しかし入れ歯やブリッジとは違い、歯にかかる負担がなく強く噛めることは、生活するうえでとてもメリットのあることです。

杉並区で行うインプラントは、有名な病院やクリニックにおける症例数の多い歯科医師に対応を任せることができます。